林裕人 おせち

林裕人先生監修の宝船2018年版が予約開始しました

 

2018年版林裕人先生監修のおせち料理超特大宝船が満を持して予約開始しました。

 

2014年から販売開始され、瞬く間に大人気となった宝船が更に豪華に更においしくパワーアップして登場しています。

 

昨年度2017年には11月には売り切れてしまっていた超人気のおせち料理。予約は早ければ早いほど早割がききますので、どうせ頼むなら早めの注文がお得となります。

 

年々売り切れ時期が早まっていますので、今年2018年は更に早いタイミングでなくなってしまう可能性があるとあります。

 

2018年10月31日までの予約で5700円OFFの割引価格で購入できます。

 

▼ご予約はコチラ▼

林裕人特性おせち料理は人気沸騰!!10月末には予約完売の人気ぶり

林裕人先生監修のおせち宝船は2014年版より匠本舗より販売開始されています。
初年度である2014年はその巨大なおせちの写真に度肝を抜かれたものですが、その大きさもさることながら人気もすごく、11月末には完売御礼となったほどでした。

 

その翌年の2015年は噂や評判を聞きつけたのか、その人気に火が付き更にパワーアップした超特大宝船という名前で再登場しました。

 

そこからは毎年の恒例イベントのように匠本舗におせち料理が登場していますが、やはり今年もその人気は衰えていないようです。最初は11月末に完売御礼だった超特大宝船が10月末には予約完了に近づき、11月初旬には予約が終わって完売しているほどの人気と強さを年々見せつけるようになってきています。

 

その為、初年度である2014年度と同じ感覚で予約しようとしていた人の中には翌年以降は予約できなかった方も多くいらっしゃったようです。

 

毎年の人気度合から考えると今年も人気殺到で早目に完売してしまう可能性は十分にあり、早々に予約完売してしまっているなんてこともありそうです。

 

超特大宝船に関わらずおせち料理は年々予約数も販売数も拡大しており、予約完売になる時期が早まっている傾向にあるというおせち料理の通販業界。

 

その分、販売数も増やしているようですが、それでも11月末には完売することがほとんどだと予想されます。

 

また販売している匠本舗自体が年々人気店となっており、2018年の今年はすでに半分ぐらいの料亭おせちが10月の段階で完売御礼となっている状態なので、林シェフの超特大宝船も時間の問題かもしれません。

 

林裕人シェフ人気も相まって今年は更に激戦になりそうなので、迷っているならすぐに予約しておいて、後から購入するかどうかを考えてキャンセルも視野に入れて検討するぐらいの早めの予約でも問題ないかもしれません。

 

上記のような状況もあいまって昨年2017年には問い合わせ殺到だったそうですが、当初予定の予約数より増量することができなかったため、泣く泣く他のおせちを頼んだ人も多かったようですし、下手したら他のおせち料理すら購入できない人もいらっしゃったようですよ。

 

そんな方たちが今年こそはと早目に予約を入れてくることも十分に考えられる状況なので、早目の予約で確実に手に入れましょう。

 

▼ご予約はコチラ▼

林裕人シェフのおせち料理超特大宝船の魅力とは?

匠本舗でも一押しと言っても過言ではない林裕人シェフ監修おせち料理「超特大宝船」

 

その魅力は何といっても和洋が入り乱れたボリュームのある品の数々と一風変わった品々たちです。

 

例えば以下の合鴨ロースマスタード焼きやトマトマリネ。

 

林裕人,林裕人 おせち,林裕人 宝船,超特大宝船,宝船一段,宝船三段,2018 おせち

 

 

林裕人,林裕人 おせち,林裕人 宝船,超特大宝船,宝船一段,宝船三段,2018 おせち

 

普通おせち料理にマスタード焼きやトマトマリネといった洋風の料理は出てこないですが、林シェフのおせち料理の場合はむしろ率先して使っています。

 

また以下のような甘味処もパティシエだった林シェフならではの逸品。

 

林裕人,林裕人 おせち,林裕人 宝船,超特大宝船,宝船一段,宝船三段,2018 おせち

 

一風変わったおせち料理にはない料理ですが、パティシエだった力を存分に発揮しておせち料理の中でも一際目立った料理として完成させています。

 

こういった甘味は一風変わった料理かもしれませんが、子供たちにも嬉しい味付けなのでおせち料理が苦手な子でも食べる事ができそうですよね。そういった心遣いが林シェフの超特大宝船に多く含まれています。

 

 

 

 

林裕人シェフはお茶の間の人気者

超特大宝船を監修している林裕人(旧姓:林繁和)シェフはお茶の間の人気者で、特に関西では絶大な人気と支持を集めています。

 

かの有名な探偵ナイトスクープではあらゆるゲテモノ料理や珍料理を披露してきており、その料理の腕以上にトーク力も魅力の一つです。

 

ちなみに探偵ナイトスクープでは、靴を料理したり、よくわからない食材を無理やり料理したりとかなりの無茶をやらされていましたが、それでもめげずに続けていた姿はまさに料理人の鏡でした。

 

そんな林裕人シェフが監修した超特大宝船は正月から皆さんの家庭に暖かな笑顔を運んでくれること間違いなしですよ。

 

林裕人シェフについて詳しくはコチラ

おせちと一緒にタラバガニはいかがでしょうか?

林裕人シェフ監修のおせち料理と一緒にタラバガニを頼むというのはいかがでしょうか?

 

林シェフはおせち料理の監修はもちろんですが、それ以外にもタラバガニ専用のスープを監修し蟹本来の味をもっと楽しめるように引き立ててくれる味わいを演出してくれています。

 

せっかくのお正月なので、普段食べることがなかなか難しいタラバガニを頼んで、美味しく頂くのもおつなものではないでしょうか?
匠本舗の蟹はかにすき身も多いので、皮をむくという面倒な作業なく食べられる魅力的な蟹ですよ。

 

林裕人シェフ監修スープ付タラバガニについて詳しくはコチラ

超特大宝船を販売している匠本舗とは?

ここまで紹介してきた超特大宝船を販売している匠本舗という通販ショップ。

 

このお店は毎年年末になると蟹とおせち料理を販売し、多くの支持を得ています。

 

別名かに本舗とも呼ばれており、北海道を中心に多くの蟹を届けてくれる通販ショップとしても有名です。

 

実際に蟹やおせち料理の通販としてはネットショップ大賞にも8年連続1位に輝いており、その他にも最高一日売上賞1位やネットショップ大賞の年間金賞などにも選ばれているという実績No1の通販ショップです。

 

匠本舗の凄さは上記の賞に輝いているという実績はもちろんのこと、お客様満足度も94%とかなり高い満足度を誇っており、毎年お客様の声を反映させた通販ショップとして年々進化しています。

 

その証拠に毎年販売される料亭おせちについてもお客様からの声をもとにして料理の内容をどんどん変えており、料理の内容が昨年と同じおせち料理というのは一切ありません。

 

基本となる部分を変えずに大事にしながら、お客様の声をもとに変えれる部分はどんどん変えて挑戦を続けている通販ショップなのです。

 

そんな匠本舗はかに通販についても妥協を許さず、社長自らが現地へ買い付けに行き、生きのよい蟹を見つけてくるそうです。

 

匠本舗自体は大阪にある会社なので、毎年現地である北海道まで買い付けに行くというところからその本気度がわかるでしょう。

 

おせち料理と蟹をはじめとし、明太子やとろろ昆布といった海産物、梅干しといったものまで用意してくれているので、おせち料理や蟹の付け合わせとして頼むことができるのも匠本舗の魅力です。

 

今年の年末年始は匠本舗でおせち料理や蟹以外にも購入してみると食卓が盛り上がるかもしれませんね。

 

 

 

▼匠本舗はコチラ▼